オーダーメイド 革 鞄 ロアトリエ

革製バッグのメンテナンス

 

・使う前に・・・
革製品は使い始めが一番汚れを吸いやすいです。(ヌメ革などは特に)
汚れが気になりそうな革(色の薄いものなど)は先にムース状のお手入れ材で膜を作り、汚れをつきにくくしましょう。
ムース状のものは染みになりにくく初心者向きです。
念のためまずタオルなどに取りなじませてから使用しましょう。

直接革にのせないようにしてください。

・使用後は・・・
使い終わったら中に新聞紙で作った「あんこ」をつめて型崩れをふせぎます。
新聞紙のインクには虫除けの効果があるそうです。
余分な湿気も吸ってくれるのでオススメです。
日焼けを防ぐため(色ものは色が飛んでしまうこともあります。)保管用の布袋に入れなるべく風通しの良いところに保管します。
保管の際、ビニール袋には入れないでください。 呼吸できず湿気がこもってしまいます。
雨にぬれてしまったら・・・
革ものは雨には弱いのでまずは濡らさないことですが

万が一塗れてしまったら中身を出してなるべく水気をとり、風通しの良いところで十分に陰干ししてください。
完全に乾いたらムース状のお手入れ材で油分を補いましょう。
(ムース状のものが使い易いですが、染みだけ気をつければ何を使っても構いません)